余白珈琲

余白珈琲について

 

神戸の小さな海町の坂の上、夫婦でコーヒー豆屋を営んでいます。実店舗はありません。毎日せっせと豆を焼き、遠くの人には郵送で、近くの人には歩いて届けています。

店名の「余白」とは、思い通りにならない物事のこと。どのような物語にも、行間があり、スキマが生じます。人生は思い通りにならないものですが、余白に紛れ込む偶然にこそ、縁や邂逅があるはずです。

自分たちのコーヒーが、悩める誰かのもとに届き、ひと息をついたその誰かが、また別の誰かのために何かを果たす。

そんな素敵で、温かな連鎖が生まれますように。

ため息を、ほっとひと息に。

 

 

 

店主
1990年1月20日愛媛生まれ。2013年、豆を焼き始める。毎日のご飯とコーヒーが美味しければ、それだけで最高。


1988年12月4日大阪生まれ。猫をこよなく愛し続けるが、猫アレルギー。安いトースターを駆使して、コーヒーのお供をつくる。