余白珈琲

コーヒーでも

食器を洗ったり、テーブルを拭いたりしながら、「コーヒーでも飲む?」と。

お決まりの流れのくせに、わざわざ年中くり返す会話。コーヒーしかないくせに、コーヒーでも。良い響き。

先日、ドリップの動画を投稿したおかげか、淹れ方に関する質問をいくつかいただきました。

コーヒー教室なんかでもよく言っているのですが、手っ取り早いのは、豆を買ったお店に聞くことかなあと思います。

同じ言葉でも、文脈が変われば、伝わる意味が変わるのと似ていて、湯温やら時間やら、ひとつの正しい淹れ方があるわけではなく、流れの中で「ちょうどいい」が変わります。

そして、その文脈は、焙煎から始まっています。その流れへの身の寄せ方は、焼いた本人が一番知っているはずということです。