カステラとコーヒー

小気味よく、カステラ

お土産のカステラ。
カステラは、自分で切るに限ります。

ふわっと刃を乗せながら、これくらいか、いやもうちょっと、でもこれでは明日には無くなってしまう。なんて具合に厚さを決めている時は、欲深さや計算高さが顔を出している気がして、なんだか滑稽です。

しっとりとした身を潔く進んだ後、ザラメをくだく小気味いい音。ちょっぴり手がベタつくのもご愛嬌。

コーヒーを淹れて、ひと息。

クロモジを用意したものの、パクッと手で頬張りたいほどに、スイスイ食べてしまいます。

もうひと切れ、という誘惑は台所に置いて、ひとまずコーヒーをもうひと口。

あわただしい昼下がり、つかの間の平和なせめぎ合い。