珈琲時間

飽きない

焙煎と発送を終え、静かな夕方。やることはまだあったけれど、「ちょいとお茶でもしませんか」と妻を誘った。言い出しっぺが、台所までコーヒーを淹れに行く。

昨日の帰り道に、デパ地下で買っておいた、たねやの栗饅頭。磨いたような照り色が、たまりません。

コーヒーは、深やきを。ひと息つく頃、深く潜った香ばしさが、ふわっと浮かんできます。

漂う香りも良いけれど、なんといっても、不意に鼻から抜ける香りが深やきの良さやねえと、もう何百回とくり返したような会話を愉しむ。

美味しいねえ、というのは、毎日くり返しても飽きない。