移ろいを愉しむ

コーヒー豆の保存方法

豆のまま、常温で保存します。日陰や涼しい場所があるなら、そちらへ。豆自体が、味や香りの劣化を守る、とてもよい保存容器です。

挽きたては格別です。何でも時短ではなく、ここぞというところでは、ちょっと時間を使ってみましょう。

 

コーヒー豆の移ろい

豆の賞味期限は、「焙煎後」1ヶ月ほどです。

焼いてすぐの味は、フレッシュで若いです。ちょっとまだ、定まっていない感じが、なんとも微笑ましい。数日経つと、味に落ち着きが出ます。なるほど、これはうまい。また数日経つと、輪郭が円くなります。こういう表情も見せるのね、みたいな。3週間もすれば、ちょっと枯れてきます。これがまた、滋味深くてよいです。

できれば焼きたての豆を買って、移ろいを愉しむ。ささやかな生活の愉しみです。

 

焙煎度の移ろい

同じ生産地の、同じ品種の豆でも、焼き加減(焙煎度)を変えると、味の雰囲気は大きく変わります。同じ茶葉でも、発酵の度合いや製法によって、「紅茶」や「ウーロン茶」「緑茶」と、異なる味わいに仕上がるのと似ています。

余白珈琲では、豆の種類をたくさん置くのではなく、ひとつの豆の様々な表情を愉しむことにしています。定番の『いつものブレンド』には、軽めに焼いた「浅やき」、ほどよい「中深やき」、しっかり焼いた「深やき」があります。