わが家のコーヒー道具

僕たちが気に入っている道具たちです。新しいものがたくさん出ても、おそらく買い換えることはないでしょう。

 

ドリッパー
(HARIO)V60 透過ドリッパー

大きなひとつ穴のドリッパーがよいです。お湯が溜まりにくい(落ちるスピードがはやい)ものを。円すい形のペーパーフィルターも忘れずに。

サーバー
HARIOのサーバーなど

お気に入りの茶海やビーカーを使うこともあります。分量はキッチン・スケールで量ればよいので、何でも好きなものを。

コーヒーミル
(HARIO)コーヒーミル・セラミックスリム

毎日を共にする道具ですので、手入れしやすく、使いやすいものがよいです。木製のミルは、洗うことができないので、手入れが少し大変です。電動ミルは便利ですが、高価なものでないと良いものが少なく、静電気や飛び散りなども、地味に疲れます。

豆を挽くことは、米を研ぐことと同じようなものです。習慣になれば、ふつうのこと。お湯を沸かしている間にでも。

 

▲ここまでで、約5000円。あとは、ドリップポットもあれば最高です。

 

ドリップポット
(カリタ)細口ポット0.7L

1~2人分であれば、これで十分。注ぎやすい形で、軽くて、ちょうどいい価格です。

 

▲1万円あれば、すべて質の良いもので揃いました。