気軽にドリップ

コーヒーを淹れることは、どのようなイメージでしょうか。

優雅か?愉しいか?と問われると、これはなんとも微妙です。「いい香りだな~」くらいは思いますが、基本的には淡々と、ささっと無心で淹れています。洗濯物を畳んでいる時の気持ちに似ています。

誰にでもできます。気取らない、いつもの生活のこと。美味しく飲みたいから、淹れている。まずはこの「構えない」ことが案外大切です。

ざっくり言えば、豆には、おいしい味とまずい味とが入っています。都合の良いことに、まずい味はゆっくりと、おいしい味はすばやく出てきます。「ていねいに」と構えず、ささっと淹れましょう。

淹れている時、コーヒーの色をよく見てください。はじめの方、とても濃い色が落ちています。ここに、おいしい味はほとんど詰まっています。ただし、これだけでは飲みにくい濃さなので、続けて抽出される淡いコーヒーで薄めていきます。これがドリップの基本。

さて、濃い部分をとって、薄めていくという流れに身を任せればいいだけなので、薄め方は他にも色々あります。

たとえば、いつもの半分くらいで抽出を止めて、残りの半分を牛乳にすれば、ちょうどいい濃さのコーヒー牛乳ができます。アイスコーヒーも同じく、半分を氷(とけて水になる)にすればできます。

淹れている途中でピンポンが鳴った、子供に呼ばれた、そんな時は潔くドリッパーを外してしまい、足りない分はあとで差し湯をしましょう。はじめの濃い部分がとれていれば、差し湯をしても、おいしいあっさり味で愉しむことができます。

淡いコーヒーで薄めても、牛乳で薄めても、氷で薄めても、お湯で薄めても。いつだって、基本は同じ。豆の分量は、総量に対して「ちょうどいい」さじ加減にすればよいです。