時の奥行き

冷めても美味しいコーヒーというのは、誰かの時間のためのコーヒー。

コーヒーのためのコーヒーであれば、一瞬の頂に重きを置くけど、その煌めきよりも、時の奥行きを想いたい。

 

2017年11月9日